電話占いを利用するときの心構えについて

  • 電話占いを有効活用するためには、有効活用するための心構えというものが大切になってきます。 やはり最終的には精神論であり、心の在り方で、その結果というものは大きく左右してきます。 特に占いは、このような状況が顕著に表れます。
  •  
  • ということで、最後の記事となる今回は、この心構えについて触れていきたいと思います。
  •  
  • ■「信じる者は救われる」という格言

  • 占いにまつわる格言やことわざは非常に多いです。 見出しに記載した「信じる者は救われる」だったり、「当たるも八卦当たらぬも八卦」だったりと。 そもそも占いの結果というのは、受け手次第で「当たりますし」「ハズレもする」ということを理解しておきましょう。
  •  
  • 例えば、占い師に言われたことが当たっていなくても、その占い師の言葉をしっかりと胸に刻み行動を起こしてきたとしましょう。 結果、よい人生になったとなれば、それは「占いとしてはよかった」と判断できます。
  •  
  • つまり、当たった当たらなかったも重要ではありますが、結果的に「どうなったか?」が大切ということですね。 心が救われ、生活が一変して、良い方向に向かえば、万事問題ないわけです。
  •  
  • ■ポジティブに受け取ること

  • 占いの結果が悪かったなんてことは、よくある話です。 しかし、その結果を、ネガティブに受け取ってしまったら…占ってもらった意味がありません。
  •  
  • 悪かった結果に対して、注意して歩めば、自ずと「良い結果」に変わるわけです。 したがって、ネガティブだったけどポジティブだったと返還できるのです。 こういった心の持ちようも大切だという心構えも大切です。